【石膏ボードの正しい捨て方】・無料で処分する方法とは?

目次

石膏ボードのメリット・デメリット

メリット・デメリット

石膏ボードとは、硫酸カルシウムと水で構成される鉱物である石膏を芯材とし、その両面と側面をボード用原紙で包んだ建築資材です。

メリット

建設中・石膏ボード

建築資材として活用されることが多い木材やコンクリートなどよりも価格が大幅に安いというメリットがあります。加えて、コンクリートなどと比べると重量も軽く、加工も容易です。さらには、耐久性・耐熱性・耐火性・遮音性にも優れるので、住宅・オフィスビル・商業施設・ホテル・病院など様々な建築現場において、壁や天井などの下地材などとして広く利用されています。また、この建築資材はホームセンターや通販サイトなどでも安価に販売されているため、DIYで使用する方も少なくありません。

デメリット

ゴミ分別

しかし、この建築資材は手軽に入手することはできますが、一般ごみとして処分することができないので注意が必要です。

他の建築資材と比べると脆く、そのままの状態では釘やねじなどを打ち込めず、専用のアンカーを使用しないと固定できないというデメリットはあります。

一般ゴミとしては捨てられない理由とは?

埋め立て

一般ごみとして捨てられない理由は、埋め立てた際に石膏に含まれる硫酸イオンが還元されて、硫化水素が発生する恐れがあるためです。硫化水素は人体に悪影響を与える物質で、吸い込むと気管支炎・呼吸困難・肺水腫などが引き起こされる恐れがあります。加えて、高濃度の硫化水素を吸い込んだ場合は、数呼吸ほどで昏倒して死に至ることもあります。また、硫化水素は独特の臭気があるものの、吸い込むと嗅覚が麻痺して臭いを感じにくくなるので注意が必要です。嗅覚麻痺が起こった結果、硫化水素の濃度が高くなっていることに気が付かずに、重大な健康被害につながる恐れがあります。

廃棄物業者

このように、石膏ボードからは人体に悪影響を及ぼす硫化水素が発生する恐れがあるため、処分する際は一般ごみではなく産業廃棄物として扱わなければなりません。なお、産業廃棄物における石膏ボードの扱いは、以前は製造工程で発生したものについては「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」、建築や解体の際に発生したものについては「がれき類」として扱われていましたが、現在は全てのケースで「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」として扱われるようになっています。

自分で持ち込んで捨てるのは大変?

ガラ袋

産業廃棄物を捨てる方法は、自身で最終処分場へ運搬する方法と、業者に依頼する方法の2種類があります。業者を利用しない場合、ボードをガラ袋などに入れて自身で運搬する必要がありますが、産業廃棄物を処理してもらうためにはマニフェストを持参する必要があります。マニフェストとは、排出日や排出場所などが記載された産業廃棄物管理票とも呼ばれる書類のことを指します。自身で運搬する場合、業者を利用するよりも費用は抑えられますが、マニフェスト作成の手間がかかるとともに、量が多い場合は車で何往復もしなければならない可能性もあります。また、車両がボードの粉末で汚れてしまう恐れもあるので、基本的には業者を利用するのがおすすめです。

持ち込む方法と引き取り来る方法

マニフェスト・契約書

業者を利用する場合、処分場へと直接持ち込む方法と、引き取りに来てもらう方法がありますが、処分場へと持ち込む場合でもマニフェスト作成の手間を考えれば、業者を利用した方が労力を抑えることができます。ただし、上記の通り石膏ボードは産業廃棄物として扱われるので、業者を利用する際は「産業廃棄物処分業許可」を取得しているかどうか必ず確認しましょう。

依頼者も罰金!?

不法投棄

この許可を得ていない業者を利用してしまった場合、依頼者にも5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科されることになるので注意が必要です。また、この許可を取得していない業者は、産業廃棄物を扱うことができないので、依頼した産業廃棄物が不法投棄される恐れがあります。実際に、過去には不法投棄された石膏ボードから発生した硫化水素による事故も起こっています。許可を取得していない業者とは知らなかったでは済まされないので、業者の選定は慎重に行わなければなりません。

石膏ボードを無料で処分する方法とは?

0円

処分費用が高い石膏ボードですが、キレイな物でしたら人にあげたり、工務店に聞いてみるのも一つの手です。その他にも無料で処分する方法としては破損ほとんどないような物または釘の跡がある程度でしたらジモティーなどのサイトで欲しい方を探してみたり、フリマアプリやネットオークションに出品してみる方法もあります。一般的に産業廃棄物の業者が無料回収するのは聞いた事がありませんが、欲しい人を探せば無料で処分出来ることはよくある話です。時間に余裕がある方はぜひ試してみてください。

業者に依頼する!

検索・パソコン

なお、産業廃棄物処分業許可を取得している業者は、インターネットで検索すれば調べることができるので、業者選定の際は必ず調べておきましょう。
また、業者に依頼する場合に気になるのが費用面かと思いますが、石膏ボードの処分費用はリサイクルの可否によって大きく異なります。新品である、水に濡れていない、アスベスト(石綿)が含まれているか、紙クロスが貼られていないといった状態であればリサイクルできる可能性が高いので費用は抑えられます。

相見積もり

一方で、水に濡れている、カビが生えている、他の素材が付着している、ミンチ状になっているといった状態のボードはリサイクルできる可能性が低いです。

新品の石膏ボード

大まかな費用の目安としては、新品などの状態が良いものであれば1kgあたり100円ほど、多少の付着物などがあるもののリサイクル可能な状態であれば1kgあたり150円ほど、水に濡れていたりカビが生えていたりリサイクルが難しい状態のものは1kgあたり200円ほどとなります。もちろん、業者によっても費用は異なるので、可能であれば複数の業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる